セキスイハイム屋上防水

こんにちは(*’▽’) 加藤です!

なんだかジメジメとスッキリしない天気が続きますね。。。

これがカラッと✨となればあの暑さが…と思うと正直複雑ではあります🌤

 

今日はセキスイハイムさんのご自宅についてです。

数年前にセキスイハイムさんの防水と塗装工事をさせていただいたお客様のご近所さんからの依頼でした。

やはりハウスメーカーさんからの見積もりが高くて。。。とご相談があったようで紹介していただきました!

まずは現地調査を

セキスイ防水

屋上防水は塩ビシート防水で修繕では既存の防水シートの上から塩ビシート防水を重ねる工法でご提案です。

セキスイ防水

ドレンは既存のドレンキャップを外し、改修用ドレンを入れ中まで防水できるようにします。

セキスイ防水

側溝の塩ビ鋼板は浮かび上がっておりました。

経年劣化で塩ビ鋼板を固定しているビスが折れてしまってこのように浮いてくる状態です。

塩ビシートを張る前にしっかりと固定してから防水をします。

セキスイ防水

バルコニーには床保護マットが敷かれておりました。

仮撤去の上防水が完了してから復旧します。

セキスイ防水

塩ビシートの立上り天端の液状シールに剥がれが見受けられました。

この部分には塩ビ鋼板のL字の金物を取付端部の処理を行います。

セキスイ防水

高圧洗浄や適切な処理を行い塩ビシートを貼っていきます。

セキスイ防水

 

セキスイ防水

とってもきれいになりました(*’▽’)✨

防水効果もばっちりです✨

お得に工事ができたとお客様も大満足でした~

雨ん防福島店4件目の散水調査です!!

めっきり暑い日が増えてきました。

皆様は体調を崩されていませんか?

夏バテの要因の一つは、冷たいものの摂り過ぎによる内臓疲労もあるそうです。

私も気を付けなければ・・・

ごぶさたしております。雨ん防福島店の船田です。

今日のテーマも散水調査になります。

 

当初の予定に比べてかなりのお客様から雨漏りのお問い合わせを頂いております。

それだけ福島県の方々は雨漏りに困っていたのだ、と実感しています。

さて本日散水調査をさせて頂くお家ですが、1階の2部屋から雨漏りするとのことでした。

それでは早速散水調査をしていきます!

まずは一つ目の散水ポイントからです。

雨漏りする部屋の真裏にある外壁のヒビ(クラック)に散水していきます。

早速反応が出ましたね。

このヒビから入っていることは間違いないようです。

次の散水ポイントは階段真裏にある矢印の部分です。

地震の影響で外壁に穴が空いてしまったそうです。

あびゃびゃびゃ・・・まあ外壁に穴が空いてしまっているので当たり前ですがこのようにかなり水が入ってきました

施主様が発泡ウレタンである程度は修繕されていたようですがそれでもやはり水は入ってきますね。

最後の散水箇所です。

もう一つの雨漏りするお部屋の真裏にある外壁になります。

こちらもヒビが入ってますね。

さて結果は・・・?

ストップ、ストップ!

ジョロジョロ』みたいな音と共に室内にかなりの水が・・・

土壁にも染みが出来てしまいました・・・

施主様にはヒビの補修と併せて防水塗装仕上での修繕案をご提案させて頂きました。

当店のヌシも喜ぶような本格的な梅雨入りも始まります。

長年の雨漏りでお困りの方はぜひ雨ん防福島店へお気軽にご連絡下さいませ!

直接のご来店も大歓迎です!!(ただ居ない時もございますのでご了承ください・・・まだ一人なので・・・)

セキスイ塗装・防水工事

こんにちは❁ 加藤です(*’▽’)

今回はセキスイハイムのご自宅塗替え工事についてのお話です。

経年劣化で屋上・外壁が傷みがあり、ハウスメーカーさんからの御見積が高額で…とのご相談でした。

セキスイさんの建物は軽量鉄骨造で作りが特徴的ではありますが、当店ではその特徴を捉え手がけておりますのでご安心してお任せください!

セキスイ外壁塗装

まずは高圧洗浄から

セキスイ屋上

こちらは屋上です。側溝の塩ビ鋼板が浮かび上がってしまい水が流れなくなっています。。。

こちらも修繕しなければなりませんね!

セキスイ屋上

屋上防水と下地処理

セキスイ屋上

屋上は塩ビシート防水の機械固定工法で。

バルコニーの立上り部分や手摺部分も構造上特殊ではありますが適正な処理をしていきます。

構造をわかっていないとどのような工法で修繕したら良いか…とセキスイさんのようなハウスメーカーの特殊な建物は手掛けられない業者さんも対数いらっしゃいます。

セキスイ屋上

屋上完了です✨

セキスイ外壁

続きまして外壁修繕です。

サッシ周りや目地はガスケットというものが入っていますので撤去しシーリングを打ち込みます。

セキスイの塗装で多いのがこのガスケットを外さないで塗装してしまう業者さん。。。

塗装よりも重要な部分となりますので注意が必要ですね!

セキスイ外壁

セキスイ外壁

外壁の凍害があった部分は張替です。

セキスイ外壁

そして塗装です。

セキスイは塩ビ鋼板を多く使用しているので塩ビ鋼板用のプライマーは必須です。

下塗はサイディング専用の下塗り材を、下塗り後上塗り水性フッ素塗料2回塗です。

セキスイ外壁

 

セキスイ外壁

軒天も張替塗装完了です✨

セキスイ外壁

打ち合わせ時にカラーシミュレーションで外壁の色を選んでいただいていました。

シミュレーションがあると塗った時のイメージができるので、こんなはずではなかった。。。などということがなくなります(*’▽’)

お客様にも大変満足していただけました~♬

雨樋交換と車庫屋根工事です!

曇り空や雨の日も増えてきており、めっきりと梅雨らしくなってきました。

日中はかなり蒸し暑くなる時も増えてきています。

熱中症等には十分お気をつけください。

どうも、雨ん防福島店の船田です。

この不気味な写真ですが何気に気に入っていますw

ネタとしてはかなり優秀な部類ではないでしょうか。

気を取り直しまして雨ん防では雨漏りはもちろん、雨樋や車庫の屋根交換も喜んでお受けしております

今回は車庫についている雨樋と屋根の交換工事です。

工事前は屋根材の波板ポリカも少しくすんでしまっています。

留め具も錆がかなり進行しておりますね・・・

まあ365日24時間休みなしで日光、雨、風等を受けていますからしょうがない部分でもあります。

しかし、当社の職人さんは腕も良ければ手際も良い!

たった1日でここまでキレイにっっっ!!!

新しくなってキレイになると何かウキウキしてきますよね、私だけですかねwww

この写真は逆光で見づらかったですね、すみません。

本格的な梅雨時期に入る前に、前から少し気になっている雨樋、屋根ありましたらまずはお気軽にご連絡ください

もちろん、それ以外の部分でも大歓迎です!

喜んで伺わせて頂きます!!!

外壁補修工事

こんにちは(*’▽’) 加藤です

今日は外壁補修のお話です❁

外壁の欠損部などの部分補修は補修跡が気になりますよね…

よく外壁で目にするのがミミズばれのような補修跡。

ここ!ひび割れていました!とアピールしているかのようです(。-`ω-)…

このひび割れ補修を綺麗に跡形もなく直すには技術が必要なのですね✨外壁補修

ひび割れ部分を削ります。

これもただただ削るだけではだめなのです!

外壁補修

このプライマーにしっかり厚みを付けなくてはならないので

その厚みを計算して削り充填してきます。

外壁補修

モルタル補修をし平にします。

外壁補修

塗装をし

外壁補修

吹付をすれば

まぁ!なんということでしょう(*’▽’)✨

補修をしたなんて言われてもわかりません!

 

外壁のひび割れは雨漏りにも直結する場合があります。

ただ塗るだけではだめなのです!

しっかり補修をし、長期にわたり美観と建物の保護機能を保ちたいものです!

 

施工事例も定期的に更新しております。

今回はテナント兼アパートの外壁補修塗替えについて↓

ALC外壁補修塗装工事

 

雨ん防福島店雨漏り調査3件目です!

朝方は少し肌寒いときもありますが、日中は半袖でも良い日がかなり増えてきました。

今年は早いところだと衣替えと同時くらいに梅雨入りもチラホラとあるようですね。

どうも、雨ん防福島店の船田です。

いや、怖い怖い何この写真((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

脅かして申し訳ございません、赤外線カメラでガラスに映った自分を撮ってみましたw

仕事中だったのですが思わず『これはネタに使える!』と思い、シャッターを切ってしまいました・・・

ということで(?)気を取り直しまして、今回は雨ん防福島店としては3件目となります散水調査の案件です。

室内の複数個所から雨漏りするとのことでした。

では早速調査開始です。

まずは台所のサッシから雨漏りするとのことでしたので、直上部の外壁に散水してみました。

早速雨漏り再現出来ました。

かなり反応が早かったです。

次の雨漏り箇所は和室の一部屋です。

天井にはかなりの雨染みが見えますが果たして・・・

和室の直上部はベランダになっていたため、貫通部を中心に散水調査したところ・・・

このようにほぼ全ての箇所から雨漏りが再現されました。

この時点で雨漏り調査日本一である、雨ん防山形店店長の結城はある仮説が浮かんでいたそうです。

『これもしかして外壁内部の透湿防水シートの施工不良ぢゃね?』と。

ほぼ全ての貫通部から雨漏りしていたからこその推測ですね。

次のお部屋はリビングにあるサッシ上部からの雨漏りです。

直上部の外壁に散水していきます。

いやー、こっちもかなりの早さで雨漏りが再現されました。

雨ん防山形店店長の結城は自身の仮説がますます確証に変わっていったそうです。

散水箇所を変えていきながら雨染みがあった場所全てでの雨漏り再現完了です。

この時点で雨ん防山形店店長結城は確証したそうです。

間違いなく、透湿防水シートがきちんと施工されていないっ!』と。

最後のお部屋も和室でした。

土壁が素敵ですが現在はあまり使っていないお部屋とのこと。

直上部のサッシ上端から散水したところ、こちらも早めに雨漏り再現完了です。

まだ他の雨染みからの雨漏りを再現出来ていないため、外壁と塩ビパイプの取り合い部にも散水していきます。

室内に水の浸入はありませんが、赤外線カメラはこのようにしっかりと内部への浸入水をとらえています

梁の方にも浸入水が確認出来ます。

 

今回も雨漏りを全て再現することが出来ました。

雨漏りの原因は、外壁内の透湿防水シートの施工不良によるものでした。

施主様のお話を伺ってみると、新築してから2年目で既に台所のサッシから雨漏りがあったそうです。

そうこうしているうちにあちこちから雨漏りが・・・ということみたいです。

現在雨漏りしていない部屋でも、防水シートがきちんと施工されていない可能性が非常に高く、いつ雨漏りしてもおかしくない状況であることはお伝えしました。

 

かなりの大掛かりな修繕工事になりますが、外壁全面のサイディングやり直しをおすすめ致しました。

他にも雨漏りでお悩みの方がいらっしゃいましたら、まずは気軽にお電話くださいませ。