一条工務店雨漏り調査

一条工務店のご自宅で長年の雨漏りに悩んでいるとのお問い合わせがあり、雨漏りの原因を特定するため散水調査を行いました。
玄関上の天井や軒天の竪樋部分から雨漏りがあるようでした。
まずはバルコニー外側の外壁部分に散水しましたが、天井の侵入水は確認できませんでした。
次にバルコニーの排水溝を塞ぎ、バルコニー床全てに床張試験を行います。
全体的に水をためていきます。
水張りをしましたがポタポタと水が落ちてくることはなく、赤外線カメラで写すと玄関の内部と外部の天井に低温の温度分布が確認できました。
このことから、バルコニー床の防水層から漏れていることがわかりました。
続いて、排水溝の詰め物を抜きバルコニーに水張した水を一気に流します。
竪樋から漏れていないかを確認していきます。
こちらも赤外線カメラにより侵入水が確認できました。
樋の外側を水が漏れているのがわかります。
次に防水層の立上り補修亀裂部分に散水していきます。
亀裂部分からは、ちょうど軒天に流れてくる経路がありました。
手すり壁内側のシーリング部分にも散水し、こちらからも侵入水が確認できました。
軒天に漏れてきているのがわかります。
手すり壁内側に散水したところ、こちらは侵入水は確認できませんでした。
ただ、工事では水切りの納まりを補修する必要がありますので、いずれにしても張替が必要な部分になります。
最後に笠木に散水していきます。
こちらも侵入水が確認できました。
一番本命の玄関外の天井劣化部分からも侵入が確認できます。

施工前

施工後

赤外線カメラで見ると、天井ボードとボードの間の部分に雨水が滞留しているのがわかります。
壁内の防水シートの納まりが悪い箇所があるので、その部分から漏れてしまいます。
今回の調査で原因がわかりました。
修繕工事を行えば雨漏りの再発はありえません。
雨漏りに対しての保証も出すことができます。

今回の調査結果により、修繕箇所が明確になり憶測でよけいな工事をしなくて済みます。
修繕工事もお任せいただきましたので、雨漏り解決のため努めさせていただきます!